じろえんどんのお話

むかしむかし

一年の半分はまっしろな雪におおわれる山里に
じろうざえもんという若者がおりました。

はたらき者で たいへん気もよく
里のみんなからはじろえんどんと呼ばれて慕われておりました。

ある春の日、じろえんどんはお伊勢参りに行くことになりました。

お伊勢さんへの道中には、見たことないものや食べたことないもの、
似ているけれど少し違うものがたくさん。

「おらの里には雪しかねぇ。よそはいいなぁ。」

生まれて初めて山里から降りたじろえんどんは心躍らせました。

お参りも終わり、帰る支度をしているときのことです。
ふと、じろえんどんは山里の景色を思い出しました。

高く高くそびえたつ真っ白な山

風に揺れる稲穂

キラキラ輝きながら流れる川

冷たくて美味しい雪どけ水

何もない山里が急に恋しくなったじろえんどんは、目からぽろりと涙を落としました。

「よそに比べるとたいしたモノもないと思っていたけど、 おらの山里にだってなにかあるんじゃないかな。
おらの山里のイイモノをもっともっとたくさんの人に知ってほしい!」

山里に帰ったじろえんどんは、さっそくみんなにその話をしました。
山里のみんなは思い思いのイイモノを持ち寄り、じろえんどんに託しました。

会社情報

運営会社 株式会社 環境コミュニティ
所在地 〒949-6603 南魚沼市川窪1232番地1
代表取締役 亀山博之
屋号 じろえんどん
TEL 025-775-7545
FAX 025-772-8805
営業時間 9:00~17:00
定休日 土・日・祝日